太陽光発電を屋根の取り付ける際の注意点

by admin

発電をする仕組みについて説明をしました。
モジュールを取り付けをすることが必要になるのですが、どのようなものなのでしょうか。
四角や三角などさまざまな形があります。
自由に組み合わせが出来るケースもあり、取り付けを考えているスペースを余すことなく使うことも出来るようになっています。
では屋根の上に取り付けをする場合について考えていきましょう。
それぞれの一戸建てやマンションにとって、色々な形がありますしまた素材も違います。
アスファルトや金属やセメントなどがあげられます。
どのような場合でも取り付けをすることが出来ると思っていたら、この素材は対応をしていないので取り付けが出来ませんと言われるケースもあります。
モジュールですが色々なメーカーがあるので、あわせて検討をしてみてください。
あるメーカーのモジュールは取り付けが出来ない場合でも、
そのほかのメーカーであれば取り付けをすることが出来るケースもあるのです。
自分の自宅がどのメーカーが対応をしているのかどうか、確認をすることも必要になってきます。
そのため1度断られてしまったとしても、そのほかのメーカーであれば取り付けをすることが出来る可能性があるので、
あきらめず調べることをおすすめいたします。
なぜ取り付けられない場合があるかということですが、
モジュールやもしくはモジュールを支える台の取り付けが出来ないことがあるからです。
取り付けをする際には、モジュールの支えになる台を先に取り付けをしてから、その上にモジュールを乗せていくことになります。
もし支えるなる台の取り付けが出来ない場合、モジュールを乗せることができません。
台を杭で打つことが出来ない、もしくは重さに耐えられないなどの理由があります。
台についても、モジュールについても必ず重さがありますからその点考慮をしなくてはいけないのです。
太陽光発電のために屋根の素材を変えるという方法もありますが、
現状で取り付けが出来ないか確認をしたいですね。