天災や天候について考えたい

by admin

屋根の上や屋上に取り付けをすることが多いです。
実際取り付けられた光景を見て、モジュールが落ちてしまうことはないのだろうかと考えることはありませんか?
発電をするためにはある程度角度が必要になります。
太陽の光があたりやすいように、最適な角度に調整をすることもあります。
そのため斜めに設置をすることが多いです。
モジュールや台がずれ落ちてしまうことも考えるのではないでしょうか。
また天候や天災も気になります。
日本は台風がきたりですとか、地震も多い国ですので注意が必要です。
そこで導入をする時に耐久性や強度についても考えていきましょう。
台風でしたら強風や雨などが考えられます。
風が強い日にはぐらぐらしてしまうのではないだろうかと思いますが、きちんと支えられていれば落ちてしまうことはありません。
杭でしっかりと支えられていたり、もしくは屋根にモジュールを直貼りをしたときにも強度があれば問題がないのです。
パナソニックについてですが、強風のテストを行っており大きい台風が来ても落ちない強度が保障されています。
また地震がきた場合についてもテストがされており、深度が6と強い場合でも落ちないと言われています。
今後またいつ台風がきたりですとか、地震がくるかわかりません。
屋根から台やモジュールが落ちたら大変なことになります。
取り付けをする際には、強度についても考えておき万が一のことがあっても安心だと確認をしてほしいです。
そして台風や地震がくると停電することがありますが、
太陽光発電については停電の影響を受けることがありません。
電力会社からの電気の供給が止まってしまっても、発電をした電気を使うことが出来ます。
パナソニックは携帯電話の充電ですとかラジオを聴くことが出来るようになっており、
家族などと連絡がつかないという事態から回避することにもなります。
天候や天災に備えて導入をするということも、考える材料になるのではないでしょうか。