モジュールについて

by admin

太陽の光があたればあたるほど、沢山発電をすることが出来ると考えるでしょう。
昼間の時間が長ければ長いほど太陽の光をあてることが出来る時間が延びます。
季節についてですが、夏は日の出から日の入りまでの時間が長くなりますので沢山発電が出来るでしょう。
しかし注意をしたい点もあります。
夏は暑いので発電がしづらくなることが考えられるのです。
モジュールですが、暑い日差しがあたることによって熱くなってしまいます。
熱を沢山もってしまうことから、発電の効率が落ちてしまうことがあります。
せっかく夏になりお昼間の時間が長くなっても、思っているよりも発電をしないのでおかしいと思ったことがありませんか?
メーカーによってモジュールの素材も異なります。
各メーカーの検討をする際にも参考にしていただきたいのですが、パナソニックの場合は夏でも発電の量が落ちない工夫がされています。
モジュールの表面温度が高くなってしまっても、いつもどおり発電が出来ます。
また1枚あたりの発電の量が多いということでも利点があります。
南向きにモジュールを出来る限り取り付けをする方が、沢山発電をすることに繋がります。
しかし南向きに面している屋根が狭い面積であることもあるでしょう。
その際に屋根いっぱいいっぱいにモジュールを取り付けをしたとしても、沢山の枚数を取り付けることが出来ないです。
そこで1枚あたりの発電の量に注目をしてほしいです。
沢山発電をすることで、広い屋根に取り付けをするのと同じぐらい発電が出来ることが考えられます。
もしくは広い屋根よりも多く発電をするかもしれません。
また広い屋根に1枚あたりの発電の量が多いモジュールを、沢山取り付けをしたらどうでしょうか。
より多くの電気を得ることが出来ます。
太陽光発電を導入する際には、メーカーの特徴についても理解をして効率の良い方法を選択してほしいです。
また自宅がどのような屋根の素材や形をしているのかも考えたいですね。