群馬で太陽光発電をやろうとしたら好条件がそろっている。

太陽光発電は自宅の屋根で発電ができ、尚且つクリーンで無尽蔵な太陽光を利用できるエネルギーとして良いことは分かっていますが、条件的に恵まれていることが必要です。
例えば、太陽光発電は太陽の光が絶対条件です、その最大の欠点は夜間発電できないことです。
そのようなことから、太陽光発電には日照量が良い悪いが大きくかかわってきます。
しかし日照量自体一番良い県と悪い県では30%くらいいの違いしかないのです。
それに屋根の形状や屋根の方向など個々の条件によって発電量に違いがあります。
日照量に違いがあっても、個々の条件でも違いがあるのです。
そして日照量が悪くても補助金が多ければそれはメリットだと言えます。
日照量が多ければ発電量は多くなりその分初期の投資資金の回収が早くできます。
また、補助金が多くても、その回収期間は早くなります。
群馬県はその両方が良いので、太陽光発電には適した県であるといえます。
群馬県の補助金は1kwにつき24000円の補助で上限が80000円になります。
東京都の補助金と比べたら少し補助金が少ないと感じるかもしれませんが、その分日照量は東京都よりはるかに好条件です。
仮に、前橋市で太陽光発電をしようと思ったら、補助金は1kwにつき20000円で、上限が80000円になります。
4kwの発電量の太陽光発電を設置しようとしたら、約30万円くらいが補助金の利用ができます。
群馬県は太陽光発電の諸条件は、好条件がそろっていると言っていいでしょう。