設置場所とのマッチングが大切です。

色々なメーカーから太陽光発電システムが販売されています。
同じように見えますけど、細かい部分では違いが有りますから、目的に合わせて比較検討したいものです。
地域によって日照時間も違いますし、設置する場所によっても発電量に差があります。
太陽電池を屋根の上に設置する場合が多いですけど、モジュールが決まっていますから、屋根の形状や方向によって設置できる面積がかわりますし、工事費にも差が出てくるものです。
小さな屋根に対応できる製品もありますし、複雑な屋根形状に対応できる製品もありますから、設置場所の状況に会った製品を選ぶことで発電量が変わってきます。
設置する時の費用と共に、発電量などのシュミレーションを行うことが大切です。
太陽電池の設置面積や発電効率に目が行きがちですけど、パワーコンディショナの変換効率には差があり発電量が変わってきます。
パワーコンディショナや昇圧ユニットなどの消耗品には、メンテナンス費用が発生しますから、耐久年数も比較しておきたいものです。